FC2ブログ

接岸不能

ドラマが放送されて以来、私のブログのアクセス数も少しですが

変化がありました。帰国してからだらだら更新していたブログですが

やはり反応があるとうれしいものです

そんな中、最近になって「接岸不能」という検索ワードでブログに

アクセスしてくる人が増えています

特に気にした事がなかったですが、一般の人からするとわかりにくい

言葉なのでしょうか??? と、言う事でせっかくなので「接岸不能」に

ついて説明してみます。


そもそも、ドラマの中でも触れられていましたが、南極昭和基地がある

プリンス・ハラルド海岸は一次隊が上陸するまで人類にとって未知の土地

インアクセサブル=接岸不能、つまり近づく事ができない特別な場所

だったと聞いています。どうせ日本には無理だろうと押しつけられた

場所に一次隊は見事辿りついたわけです


ではなぜ接岸不能なのか?それは南極大陸の中でも海が凍る場所には

不思議と規則制があるとか(?)例えば、ちょうど100年前に白瀬中尉率いる

南極探検隊が上陸したロス棚氷のクジラ湾は夏の間はほとんど海が凍らない

場所だったそう 中古の帆船を改造した開南丸でもなんとか湾内に入り

大陸に辿りつけたのですね。対して、昭和基地周辺はどうなのか?





それこそが、夏でも海が凍り人を寄せ付けなかった場所なのです。

これからドラマでもそこら辺の事について放送されると思うので、ここでは

あえて紹介しませんが、日本が誇る砕氷艦「しらせ(先代)」や世界一と

言われる最新鋭の2代目「しらせ」ですら、年によっては接岸するのにとても

苦労するのです。

IMG_6777_R.jpg

(基地を目指すしらせ、ちなみに写真奥に見える筋は去年の航跡)


私が参加した52次隊ですら、基地に辿りつくまで1500回近くに及ぶ

ラミング(チャージング)を行っています。





「ふじ」の時代は基地に近付けなくて(接岸できなくて)ヘリでほとんどの荷物

を基地まで運んだだとか、海氷に閉じ込められてダイナマイトで氷を割った

だとか、どうにもならなくて他国の船に救助されただとか様々な逸話があります。



長くなりましたが、そんなこんなで一次隊が辿りついたのはまさに奇跡

これからそこらへんがドラマでどう紹介されるかが楽しみですね



ちなみに昭和基地に接岸とは言いますが、岸壁も何もないので基地の近くに

アイスアンカーをとって停泊する事を、昭和基地では接岸と言っています。

IMG_5953_R.jpg

(昭和基地と接岸中のしらせ)

IMG_4921_R.jpg

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 南極大陸 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する